確定申告で経費として計上できる通信費とは?

通信費は、ネットビジネスには欠かせないものですよね。
インターネットにつなぐにはプロバイダとの契約、
そしてその月額費用が必要です。




またネット回線の利用料も発生しますので、これも経費に該当しますよ。
顧客との連絡を電話でするのであれば、携帯などの電話料金も
通信費として計上できます。

pic_g085

郵送で契約書を取り交わしたり、文書の送付がある場合には、
切手代も通信費になりますね。

大まかに通信費として該当するものを記載しましたが、このほかにも
まだありますので、細かく見ていくと良いでしょう。

ネットバンクを利用していて、手数料が発生する場合に関しては、
これは通信費としては扱われません。

そのほかの勘定科目として扱われ
「手数料」という別のものとなります。

先方とのやりとりで、ネットと文書を送付し合うものに関して、
通信費として経費計上できると判断して良いでしょう。

この点の線引きが微妙で難しいと言うこともあります。
ネットビジネスを初めて最初の確定申告の際には、
こまめに問い合わせをして送付やe-Taxを活用するか、
確実なのは税務署などにて申告をしてくることになりますね。

間違えて、後で修正申告をするのも二度手間になりますので、
確実な方法を選ぶようにしましょう。

コメントを残す