確定申告でその他経費として計上できる内容について

その他に経費として計上できるものには
何があるのでしょう。

マンパワーに関して、どなたかに手伝ってもらっていて、
給与として支払うことがあれば人件費としての形状に
なるでしょう。




また外注をして発注をしている場合に関しても、
外注費としての経費計上が可能ですね。

事務所費についても計上しますし、事務所を構えていれば
電気・ガス・水道についても企業と同じように必要経費としての
計上をして問題ありませんね。

pic_g024

この点については、一般的な企業と同じようになるものだと考えて下さい。
フリーランスなのか、個人事業主なのか、などと言うことによっては、
確定申告の方法も変わりますし、経費の上限額も違います。

ご自身の事業形態・就業形態を把握していきましょう。

ちなみに、本職があって、副業としてのネットビジネスをするのでも、
確定申告は必要です。会社の給与については源泉徴収されますが、
副業については所得の申告をして課税されますので、支払わなくては
いけないですね。

所得があるものについては、どのような形態であっても、確定申告を必要とします。
所得隠しは犯罪になり、罰金もかかりますので行わないで下さい。
結果的に損をするのはご自身だと言うことを理解しましょう。

コメントを残す