確定申告で申請できる経費の上限について

個人事業主などは、経費について上限が設けられています。

これは、上限と言うよりは、60万円までの控除が
受けられるので、
その範囲内にて経費としての
計上をしましょうと言うことだそうです。




国税局の担当者の説明によれば、この様になっているそうです。
さて、ネットビジネスを個人的に行っている場合には、これに該当
するのかというと、全く関係がないそうです。

pic_g016

かかった費用は全て経費としての計上が出来ますので、多くなれば、
所得から差し引かれ、所得税の課税対象額も低くなると言う計算に
なりますね。

この際に、何でも経費として計上して減税を目当てにしても、
必ずしも経費にはならないものもあります。また、水増しして
経費の計上をすることは違法になりますので、やめましょう。

発覚すると、適正に確定申告をしなかったとして、何らかの
処罰を受けることになるでしょう。

ネットビジネスでは、自分自身で経費の捻出をしますので、
結果的には使いすぎると収入まで下がってしまうデメリットがあります。

これらの収支のバランスも考えて、経費計上や
使用について検討しなくてはいけませんね。

上限設定がないのも、この様な背景があるからなのでは
ないでしょうか。湯水のように使っても損をするだけですよ。

コメントを残す