確定申告の減価償却とはどのようなものか?

この記事は約 1 分で読むことができます。

減価償却というのは、消耗品のようになくなるものではない
けれども、使用することによって価値の下がるものについて、

これだけの価値を1年間で償却しましたという計算をして
いくことです。




例えば10万円のパソコンを買ったとしましょう。

これは最終的に10%の価値が残るように計算しますので、
1万円は差し引きます。仮に4年半使用できるものとすると、
1年間の減価償却額は2万円となります。

計算式としては、9万円÷4.5年間=2万円

これが1年間に、購入したパソコンから差し引かれていく価値だと考えますね。
基本的な計算式は、次のようになりますので、出来るだけ覚えるようにして下さい。

(購入原価-10%)÷耐用年数=1年間の減価償却額

この様になります。耐用年数については、物品によっても異なりますので、
ケースバイケースとして考えていくことになるでしょう。

かなり幅広い物品に関して、この減価償却が行われてきます。
都度計算するのも大変ではありますが、必要なことなので
覚えた方が良いですね。

pic_g071

計算は、至って簡単ですので、使い慣れるまでに、
それほど時間はかからないでしょう。

簿記3級レベルの知識を持っている方には、非常に
容易な内容となっているのではないでしょうか。

コメントを残す