確定申告をしない場合にはどうなるのか

確定申告をしない場合には、ごく稀に気がつかれないと、そのまま所得の
ないものとして課税の対象にはならないと言うこともあります。

市民税の課税や増額もありませんし、保険料についても変更は発生しないでしょう。
所得税も増額や徴収されることはないですね。

ただし、申告をしないままで、これが税務署の知るところになれば、
悪質な所得隠しとして罰せられます。

間に合わなかったので、忘れていたのでといういいわけが通用する相手では
ありませんので、発生している税額に対しては一生追いかけられることになりますよ。

しかも、延滞金の加算がされて、どんどん増えていくことでしょう。
これを整理するとなると、かなり大変なことになりますね。

56万円の所得を超えると、都道府県民税と市民税については、
計上されることになりますので、これを申告しない時点でアウトだと思って下さい。

55万円以下については、この課税対象ではありませんね。
仮に100万円を切っていても、4~5万円程度の都道府県民税と市民税が請求されます。
これは自治体によっても異なりますので、一例として見ておいて下さい。

そして支払わなければ、最終的に差し押さえと言うことにもなりますので、
忘れることのないようにしましょう。

コメントを残す