確定申告をしないでバレるとどんなペナルティがあるのか?

ネットビジネスで、確定申告をしなくてもバレないからいいだろう、
と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは危険なことだと思いますよ。契約書を取り交わしているような仕事では、
先方が経費としての計上をしているので、収入を画することは出来ないでしょう。

そして、株や投資などについても、課税対象となりますので、確定申告は必要です。
確定申告をしないでバレてしまった場合には、延滞税というものが追加されます。

最初の1ヶ月いないに所得税と延滞税の支払いをしてしまえば問題はないでしょうが、
2ヶ月経過すると延滞税の年利が上がっていきます。

10%は確実に多く請求されることになりますので、
デメリットも大きなものとなって行くでしょう。

まず、督促状が届いたとしたら、収入については税務署での把握を
しているものだと考えるしかないですね。

迅速に延滞税を支払って、解決しなくてはいけない問題です。そのまま放置すると、
どんどん金額も大きくなっていきますので、最終的には支払いきれないことになります。

そこから差し押さえとなっていく、ということですね。
必要最低限以外のものは、差し押さえの対象となっていますので、
仕事の継続にも関わって来るのではないでしょうか。

コメントを残す