確定申告の申請しておいた方が良い理由について

確定申告というのは、その年の所得税を徴収するためだけのものではありません。
翌年度の税額や保険料などの算出をするために必要なことなのです。

そのため、所得に応じた適切な申告をしなくては、きちんとしている人に
してみれば不公平ですよね。

それに納税の義務がありますので、当然しなくてはいけないことです。
そうは思ってもしない人がいますが、確実に申告漏れとして
発覚することになります。

延滞税だけで済めば良いのですが、これに関しても年率は安くありません。
そして、追徴課税などのされる場合に関しても、絶対に支払わないで
済ませることは出来ないと考えて良いでしょう。

ある意味、税務署は容赦なく、税回収をするのです。
年利も放置するだけ高くなっていきますので、大変ですよね。

そうならないようにも、所得の申告をきちんと申請して、適正な処理を
行っておいた方が良いと言うことになるのです。

確定申告での申請をしなければ、ばれなくて保険料や税金もかからなかった、
という人がいたとしても、ごく稀なケースとして考えておいた方が良いですね。

その後の怖さを考えると、申告をオススメしたいと思います。
後々、損となって返ってくるのであれば、最初から申請をしておいた方が
安く済むと考える方がいいですよ。

コメントを残す