確定申告では適切に所得の申告をすること

この記事は約 1 分で読むことができます。

確定申告で、所得額を減額したり、経費を水増ししようとする人もいます。
これは、調べるとすぐにわかることでもありますので、
適正な申告をする必要があります。

おそらく、申告をしてから督促状のようなものが送付されてくると思います。
この時点では、すでに税務署が所得の全てを
把握しているものと考えた方が良いでしょう。

迅速に修正申告をするなり、対処の方法について検討しなくてはいけません。
また、方法がわからないのであれば、税務署との相談も必要になってきますね。

最初から正直に確定申告をしていれば、この様なこともないのですが、
嘘の申告をすると、そういう人なのだとブラックリストにでも載るかもしれませんね。

信頼を失うようなことは市内方が良いのです。チェックも厳しくなるでしょうし、
今後、この様なことが絶対に出来ない状態になります。

得た所得に対して相応額の所得税を納めるのは、当然のことです。
ネットビジネスだけに限らず、どのような所得にも同じことが言えますね。

口座に入らない手渡しの報酬であったとしても、相手方が経費として
計上しているなどの状況があれば、もちろん税務署にて監査を
行うことになります。

結局は白日の下にさらされることになりますよ。

コメントを残す