給与所得者が副業としている場合に確定申告は必要か?

この記事は約 1 分で読むことができます。

GUM02_PH01020

給与所得者としてサラリーマンやOLさんが、
ネットビジネスをしていることもありますよね。

その場合にも会社の源泉徴収とは別の
確定申告をする必要があります。

FXなどの投資関係から、内職的なものまで幅広くありますが、
所得として得ている以上は、申告をして下さい。

この場合には、給与分について源泉徴収が終わっていますので、
副収入分の確定申告だけで良いでしょう。

ただし、念のため源泉徴収票などを持参した方が、
確定申告手続きが円滑になります。

処理が済んでいる証明にもなりますので、忘れないように持って行って下さい。
それほど多くの額を所得としているのでなければ、翌年度の課税などへの
影響はなく、会社の厚生年金や社会保険料をそのまま支払っていくだけになるでしょう。

それ以外のケースについては、多少の変動も考えられます。
また、会社として副業を禁止しているときには、この確定申告によって、
発覚してしまうこともありますが、その点は確認しておいてください。

社内の就業規則に、記載されていますので範囲内での就業としましょう。
主に白色申告として確定申告を行いますので、これに関しても
雑収入という扱いがなされますよ。

忘れないように申告して下さいね。

コメントを残す