確定申告で翌年度の税額や健康保険料にも変化があるか?

確定申告することで翌年度に変わってくるものとして、
都道府県民税と市民税額、そして国民健康保険や
国民年金保険料の月額徴収料金が変わります。

税金については57万円以上の収入を得ると、かなりの額の請求が来ます。

これは必ず支払うことになりますね。国民健康保険や国民年金保険料に
ついては、前年度分に応じた額の請求がなされますので、

次年度にあまり収入のない場合には、辛い状態になりますよ。
そうすると窓口での相談を必要としますね。

これは、どうしても支払えない状況の場合に関して、
減免措置がとられますので、是非手続きをしましょう。

もちろん、収入が増加する分には問題ないので
請求されたとおりに支払っていって下さい。

国民健康保険では、最低ラインの支払額が2,000円/月となっています。
これには110万円前後の収入しかない証明として次回の確定申告が求められます。

また、国民年金保険料については、電話で相談してもいいですし、
必要書類の送付によって、全額免除、半額免除、3/4免除などの
措置がとられるようになっているので、必要な方は申請を行って下さい。

何もしないで滞納をしていると、後に困るのはご自身だと言うことになりますね。

コメントを残す