確定申告によって何が分かるのか?

確定申告によって分かるのは、翌年度になって払込書が届きますが、
都道府県民税と市民税、保険料額、年金額など、収入に応じた額ですね。

これを国としても把握しなくてはいけませんので、確定申告をするのです。
都道府県民税と市民税については、自治体によって異なりますが、
年間に57万円以上の収入がある方に課税されます。

そして、「必ず」払うことになりますね。
税金に関しては、払わなければ、延滞税を加算してきて、 しかも、さらに
払えないと差し押さえが行われることになっているので、他のものに対して
行われるように減免措置は、一切ありません。

保険料では、所得から経費などを差し引いて、100万円を超えなければ、
最低の金額で月額に分割で支払えるという減免措置が執られます。

また、年金についても、減免の申請をすることが出来ますね。
これらの減免措置は、確定申告をして翌年度に請求が来ても、
そのときに十分な収入がないときに、申請や窓口での相談に
よってなされるものです。

そういったケースになった場合には、相談や申請をしてみた方が良いですよ。
ないものは支払えませんので、 6月頃には保険の窓口でも、大変な騒ぎに
なっていることがあるのです。事情によって配慮してくれますよ。

コメントを残す