確定申告に必要な書類を分類しておくと楽チンですよ

確定申告の必要書類については、分類して持参するなり、
送付するなりしたほうが良いですね。

所得では、どこから振り込まれたのかをクライアント別に記載し計算しておきます。
経費については、一覧として羅列したもののほかに勘定科目別の作表もしておくと、
後でご自身が楽に申告できますよね。

医療費があれば、病院や薬局ごとの集計が必要になりますので、分けて閉じておき、
計算する表も作っておくと便利です。経費計上をする領収書については、
日付順に閉じて保管をしておけば問題はありません。

10月末ころになると生命保険や医療保険などの払込完了通知が送付されてきますので、
これは特に集計をしなくても、確定申告に持参、もしくは原本の送付を行います。

1回経験すると、ある程度、工夫ができるようにもなりますが、最初は不慣れだと
思いますので、経費計上できるにしてもできないにしても、まずは、領収書を
保管することを習慣づけてください。

勘定科目もわかりにくいと思いますが、ネットビジネスですと、通信費や
事務用消耗費、租税公課などある程度のものに限られていますので、
覚えやすいと思いますよ。

徐々に慣れていきます。個人事業主の方については、簿記3級程度の
知識は取得するようにしましょう。

コメントを残す