医療費がかかっている場合には分類・集計もやりましょう

確定申告の必要書類として、医療費の領収書もあります。

高額医療として扱われ、控除の受けられるケースもありますので、
該当する方については領収書の保管もしておきましょう。

医療費は、病院などの医療機関別、薬局別に分類をして集計を
しておく必要があります。

医療費の領収書専用の封筒があって、これに分類記載をして
領収書の原本を入れて、提出することになるからです。

確定申告に行ってから、その場ですると時間もかかりますし、
非常に手間もかかりますので、あらかじめ取りまとめをして
おいたほうが良いですね。

ネットビジネスを始めたばかりであまり収入のない方では、
入院をしても一定額以上の医療費を請求されない制度も
ありますので、こういったものも活用できます。

その場合にも、領収書を提出することで控除対象額に
達成する可能性もあります。

こまめに保管、集計をしておくと、あとになって大量の
領収書の整理をしなくて良いので、準備だけして
おいたほうが不便がないでしょう。

病院の領収書は再発行されないケースが多いので、
紛失しないように注意をしてください。

また、費用がかかっての再発行が行われるケースもありますので、
しっかり保管をしておきましょう。

コメントを残す