年金や保険の支払いを済ませているなら

この記事は約 1 分で読むことができます。

ネットビジネスをしている方で、企業に所属をして給与所得がない場合、
国民健康保険と国民年金保険への加入をしていますよね。

そのほかには、医療保険や生命保険の加入をしていることもあると思います。
まず、公的年金・保険については、金融機関での支払いをした際に、 控えとして
領収書のようなものを渡されますので保管をしておきましょう。

そして民間の保険の場合には、 10月ころに支払い済み通知書として
金額の合計などが記載された書面の発行・郵送がされてきます。

これらも、保険支払いの控除対象となるものがありますので、
保管をしておきましょう。

原本の提出が必要なものでもありますので、 紛失しないようにしてください。
10月末ころに送付されますので、12月までの残り期間については、
仮集計という形での計算がされてきますが、 きちんと支払いを
するのであれば問題ありませんね。

この2ヶ月について滞納がある場合には収益違いが発生しますので、
そのようなことが内容にしておきましょう。

公的なものについては租税公課としての計上がされるのが一般的ですし、
民間のものについても、該当する記入欄が確定申告書にあります。

記入漏れや書類添付も忘れがないようにしましょう。

コメントを残す