確定申告で郵送の場合には領収書は添付するのか?

郵送にて確定申告をするときに、証明書類としての領収書を
添付するのかどうかで迷うかもしれませんね。

これに関しては、一覧表を作成して提出をするだけで、特に原本や
コピーを添付する必要はないようですね。

その後に、確認をすることもありますので、保管だけはしておきましょう。

一覧表に関しては、時系列ごとに作成している表だけではなく、
勘定科目というものがありますので、それによって分類して
おいたほうがよいでしょう。

ペンやメモなどについては、「事務用消耗品」となりますし、
パソコンであれば「備品」、そのほかにも「通信費」として
切手代やネット回線代、「租税公課」として印紙代や各種税金の
納入を計上することになります。

簿記3級レベルの知識が必要かというと必ずしもそうではないので、
最低限、ご自身で使用するものだけは、分類できれば良いでしょう。

これら括弧でくくっているものを勘定科目と
呼ぶことも覚えていると便利ですよ。

後に個人事業など起業するときには、必ず必要に
なりますので、慣れておくようにしましょう。

その場合には経理担当者を配置することもあるかもしれませんが、
ある程度の基礎知識は求められるようになりますよ。

難しくはないので大丈夫でしょう。

コメントを残す