確定申告で翌年度の税額や健康保険料にも変化があるか?

確定申告することで翌年度に変わってくるものとして、
都道府県民税と市民税額、そして国民健康保険や
国民年金保険料の月額徴収料金が変わります。

税金については57万円以上の収入を得ると、かなりの額の請求が来ます。

これは必ず支払うことになりますね。国民健康保険や国民年金保険料に
ついては、前年度分に応じた額の請求がなされますので、

次年度にあまり収入のない場合には、辛い状態になりますよ。
そうすると窓口での相談を必要としますね。

これは、どうしても支払えない状況の場合に関して、
減免措置がとられますので、是非手続きをしましょう。

もちろん、収入が増加する分には問題ないので
請求されたとおりに支払っていって下さい。

国民健康保険では、最低ラインの支払額が2,000円/月となっています。
これには110万円前後の収入しかない証明として次回の確定申告が求められます。

また、国民年金保険料については、電話で相談してもいいですし、
必要書類の送付によって、全額免除、半額免除、3/4免除などの
措置がとられるようになっているので、必要な方は申請を行って下さい。

何もしないで滞納をしていると、後に困るのはご自身だと言うことになりますね。

給与所得者が副業としている場合に確定申告は必要か?

GUM02_PH01020

給与所得者としてサラリーマンやOLさんが、
ネットビジネスをしていることもありますよね。

その場合にも会社の源泉徴収とは別の
確定申告をする必要があります。

FXなどの投資関係から、内職的なものまで幅広くありますが、
所得として得ている以上は、申告をして下さい。

この場合には、給与分について源泉徴収が終わっていますので、
副収入分の確定申告だけで良いでしょう。

ただし、念のため源泉徴収票などを持参した方が、
確定申告手続きが円滑になります。

処理が済んでいる証明にもなりますので、忘れないように持って行って下さい。
それほど多くの額を所得としているのでなければ、翌年度の課税などへの
影響はなく、会社の厚生年金や社会保険料をそのまま支払っていくだけになるでしょう。

それ以外のケースについては、多少の変動も考えられます。
また、会社として副業を禁止しているときには、この確定申告によって、
発覚してしまうこともありますが、その点は確認しておいてください。

社内の就業規則に、記載されていますので範囲内での就業としましょう。
主に白色申告として確定申告を行いますので、これに関しても
雑収入という扱いがなされますよ。

忘れないように申告して下さいね。

確定申告では適切に所得の申告をすること

確定申告で、所得額を減額したり、経費を水増ししようとする人もいます。
これは、調べるとすぐにわかることでもありますので、
適正な申告をする必要があります。

おそらく、申告をしてから督促状のようなものが送付されてくると思います。
この時点では、すでに税務署が所得の全てを
把握しているものと考えた方が良いでしょう。

迅速に修正申告をするなり、対処の方法について検討しなくてはいけません。
また、方法がわからないのであれば、税務署との相談も必要になってきますね。

最初から正直に確定申告をしていれば、この様なこともないのですが、
嘘の申告をすると、そういう人なのだとブラックリストにでも載るかもしれませんね。

信頼を失うようなことは市内方が良いのです。チェックも厳しくなるでしょうし、
今後、この様なことが絶対に出来ない状態になります。

得た所得に対して相応額の所得税を納めるのは、当然のことです。
ネットビジネスだけに限らず、どのような所得にも同じことが言えますね。

口座に入らない手渡しの報酬であったとしても、相手方が経費として
計上しているなどの状況があれば、もちろん税務署にて監査を
行うことになります。

結局は白日の下にさらされることになりますよ。

確定申告の申請しておいた方が良い理由について

確定申告というのは、その年の所得税を徴収するためだけのものではありません。
翌年度の税額や保険料などの算出をするために必要なことなのです。

そのため、所得に応じた適切な申告をしなくては、きちんとしている人に
してみれば不公平ですよね。

それに納税の義務がありますので、当然しなくてはいけないことです。
そうは思ってもしない人がいますが、確実に申告漏れとして
発覚することになります。

延滞税だけで済めば良いのですが、これに関しても年率は安くありません。
そして、追徴課税などのされる場合に関しても、絶対に支払わないで
済ませることは出来ないと考えて良いでしょう。

ある意味、税務署は容赦なく、税回収をするのです。
年利も放置するだけ高くなっていきますので、大変ですよね。

そうならないようにも、所得の申告をきちんと申請して、適正な処理を
行っておいた方が良いと言うことになるのです。

確定申告での申請をしなければ、ばれなくて保険料や税金もかからなかった、
という人がいたとしても、ごく稀なケースとして考えておいた方が良いですね。

その後の怖さを考えると、申告をオススメしたいと思います。
後々、損となって返ってくるのであれば、最初から申請をしておいた方が
安く済むと考える方がいいですよ。

確定申告をしないでバレるとどんなペナルティがあるのか?

ネットビジネスで、確定申告をしなくてもバレないからいいだろう、
と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは危険なことだと思いますよ。契約書を取り交わしているような仕事では、
先方が経費としての計上をしているので、収入を画することは出来ないでしょう。

そして、株や投資などについても、課税対象となりますので、確定申告は必要です。
確定申告をしないでバレてしまった場合には、延滞税というものが追加されます。

最初の1ヶ月いないに所得税と延滞税の支払いをしてしまえば問題はないでしょうが、
2ヶ月経過すると延滞税の年利が上がっていきます。

10%は確実に多く請求されることになりますので、
デメリットも大きなものとなって行くでしょう。

まず、督促状が届いたとしたら、収入については税務署での把握を
しているものだと考えるしかないですね。

迅速に延滞税を支払って、解決しなくてはいけない問題です。そのまま放置すると、
どんどん金額も大きくなっていきますので、最終的には支払いきれないことになります。

そこから差し押さえとなっていく、ということですね。
必要最低限以外のものは、差し押さえの対象となっていますので、
仕事の継続にも関わって来るのではないでしょうか。