確定申告によって何が分かるのか?

確定申告によって分かるのは、翌年度になって払込書が届きますが、
都道府県民税と市民税、保険料額、年金額など、収入に応じた額ですね。

これを国としても把握しなくてはいけませんので、確定申告をするのです。
都道府県民税と市民税については、自治体によって異なりますが、
年間に57万円以上の収入がある方に課税されます。

そして、「必ず」払うことになりますね。
税金に関しては、払わなければ、延滞税を加算してきて、 しかも、さらに
払えないと差し押さえが行われることになっているので、他のものに対して
行われるように減免措置は、一切ありません。

保険料では、所得から経費などを差し引いて、100万円を超えなければ、
最低の金額で月額に分割で支払えるという減免措置が執られます。

また、年金についても、減免の申請をすることが出来ますね。
これらの減免措置は、確定申告をして翌年度に請求が来ても、
そのときに十分な収入がないときに、申請や窓口での相談に
よってなされるものです。

そういったケースになった場合には、相談や申請をしてみた方が良いですよ。
ないものは支払えませんので、 6月頃には保険の窓口でも、大変な騒ぎに
なっていることがあるのです。事情によって配慮してくれますよ。

源泉徴収をしてもらえない場合にはどうすればよいか?

ネットビジネスでも、源泉徴収をしてくれる
取引先とそうではないところがあります。

多くの場合には源泉徴収はされないものと思った方が良いでしょう。

その場合には、ご自身が個人事業主であっても個人のフリーランス
であっても、確定申告をしなくてはいけません。

確定申告をせずに、後で発覚すると、所得を隠したことになります。
これは追徴課税がされることになりますので、マイナスの方が
大きいと考えて下さい。

確定申告に行ったときに、入金のあったことを証明するものは
求められませんが、わかりやすいように、一覧表の作成をして
おくと便利ですね。

エクセルなどで簡単な表を作って、入金年月日や取引先、金額、
仕事の内容などについて分かれば、問題はないそうです。

一覧表の添付によって、より簡単に確定申告の作業が完了しますので、
ご自身での管理も含めて作成することをオススメしたいですね。

確定申告をし経費を引いた課税対象によって翌年度の
国民年金保険料などの算出がされることになっています。

その参考にするのにも確定申告が必要とされているのですよ。
国民健康保険、翌年の住民税なども、ここから算出されていきます。

当年度の所得に関する税金も納める義務がありますので、
忘れないようにしましょう。

特定の企業からの収入ではない場合には雑所得?

ネットでのビジネスをしているときには、特定の企業からだけ
集中がある場合と、不特定多数からの収入を得ている場合があります。

特定されているのであれば、その企業名を記載して、所得の申告をしますね。
給与所得のこともありますが、雇用されていないのでおそらく雑所得としての
扱いになる可能性が高いです。

また、不特定多数の企業や個人事業主などからの収入を得ている場合には、
全てを記載するだけの欄がありませんので、主立った収入、最も多く収入を
得ているところを記載して、合計金額を雑所得として計上することになります。

これらから、経費などを差し引いた額に対して課税されることになりますので、
計上できるように領収書などの整理も必要ですね。

企業からの雇用を受けている場合については、給与所得ですので、その欄に
給与合計額の記載をします。

しかし、多くの場合は、その企業にて源泉徴収などがされると思いますが、
ケースバイケースなので、必要があれば、確定申告はしなくてはいけませんね。

この様に、計上をしていきますが、分からない点は税務署の職員に尋ねて
確認をしたほうが無難なのではないでしょうか。
申告漏れがあると後で大変なことになりますので、気をつけましょう。

確定申告で分からないことがあるときはどうすればよいか?

GUM11_PH01012

GUM11_PH01012

確定申告の仕方も、初めてする人には分からないことの方が多いと思います。
そのため、最初は、税務署や特設される会場に足を運んで、
必要書類を持参していって下さい。

そうすると、特設の会場であれば、税理士さんが教えてくれますし、
税務署でも職員の方が対応をしていますので、間違えた申告を
しなくて済むようになっています。

また、国税局のホームページを見て参考にしてもいいのですが、
一般の方にはわかりにくい内容でもありますので、出向いて
確定申告をするのをオススメします。

そのほかには、あらかじめ記載する書類を手に入れておき、
電話での問い合わせをして税務署の方に記入方法を教えて
もらうことも出来ますね。

ただし、確定申告の時期には、かなり混み合ってもいますので、
時間をかけて丁寧にというわけにはいかないかもしれませんよ。
その時期にさしかかる前に問い合わせをするほうが良いでしょう。

特設の会場にて、税理士さんが教えてくれる場合にも1人に対して
1人の税理士さんが対応するものではありません。

数人がけのコーナーを設置していて、都度、対応をしますので
時間がかかるものだと思っていたほうが良いですね。
時間の余裕を持って確定申告に行きましょう。

確定申告は郵送でも出来るのですか?

確定申告は、実は郵送で行うことも出来るのです。
e-Taxを利用するよりも実は簡単なのではないかと思いますね。

必要書類一式を、郵送すると、確定申告を完了することが出来ますので、
方法としては便利です。

ただし、郵便事故にあわないような送付方法を検討していただく必要がありますね。
原本の提出をしなくてはいけない書類も多数あります。これを紛失したとなると、
後で再発行をしてもらうのは大変でしょう。

郵送をするなら書留やレターパックのようなものを使用して、
所在の分かるようにしておくと良いです。

また、確定申告の記入用紙については、税務署もしくは国税局の
ホームページからダウンロード出来るようになっています。

パソコンで入力するタイプと、それを白紙で印刷して手書きにする
ことも出来ますので、ご自身で使いやすい方法を選択しましょう。

また、郵便でのデメリットについては、もし書類の不備などがあると、
郵送にて再度送付する必要が出ることも考えられます。

慣れていない方には、正直なところオススメの方法ではありませんね。
税務署に電話をしながら記載をしていっても、間違えるときには
間違えてしまうものなのです。

この点を考慮に入れて確定申告の方法を考えていきましょう。