確定申告の必要書類を紛失したらどうすればよいか?

確定申告の書類として必要なものがたくさんありますが、
税務署でもらえる処理類や、ダウンロードして印刷できる
ようなものであれば、紛失をしても書き直すだけで良いので
問題はありません。

ただし、各種の証明書類については、紛失してしまうと、
再発行をしてもらわなくては、計上することはできないのです。

そのため、保管にはくれぐれも注意をするようにしてください。

再発行できるのは、生命保険や医療保険などの払込完了通知や、
病院によっては医療費の領収書について再発行してくれる可能性もあります。

多くの場合には、領収書の再発行は行っていないという一筆が
入っていることもあるので、あらかじめ確認をしておいてください。

領収書については、手元に購入をしたという証拠が残りませんので、
再発行をしてもらうのは難しいと考えたほうが良いですね。

領収書の発行されている場合には、レシートは渡してくれません。
お店では領収書を発行した控えに添付することになっています。

つまり、何をどこで買った、ということが分かっていても
証明をすることができないのです。

経費として計上できるかどうかで、課税対象額も変わりますので、
書類の保管は慎重に行いましょう。

源泉徴収をしてもらえない場合にはどうすればよいか?

ネットビジネスでも、源泉徴収をしてくれる
取引先とそうではないところがあります。

多くの場合には源泉徴収はされないものと思った方が良いでしょう。

その場合には、ご自身が個人事業主であっても個人のフリーランス
であっても、確定申告をしなくてはいけません。

確定申告をせずに、後で発覚すると、所得を隠したことになります。
これは追徴課税がされることになりますので、マイナスの方が
大きいと考えて下さい。

確定申告に行ったときに、入金のあったことを証明するものは
求められませんが、わかりやすいように、一覧表の作成をして
おくと便利ですね。

エクセルなどで簡単な表を作って、入金年月日や取引先、金額、
仕事の内容などについて分かれば、問題はないそうです。

一覧表の添付によって、より簡単に確定申告の作業が完了しますので、
ご自身での管理も含めて作成することをオススメしたいですね。

確定申告をし経費を引いた課税対象によって翌年度の
国民年金保険料などの算出がされることになっています。

その参考にするのにも確定申告が必要とされているのですよ。
国民健康保険、翌年の住民税なども、ここから算出されていきます。

当年度の所得に関する税金も納める義務がありますので、
忘れないようにしましょう。